Bright Soundサバイバル~配信限定はだれの手に~ 平成29年8月5日

平成29年8月5日、東京・三ノ輪のPool Shot Venusにて、『Bright Soundサバイバル~配信限定はだれの手に~』が開催された。本イベントはタイトルのごとく、出演する4組のアーティストが、配信リリースを賭けて戦うというものである。出場順は、当日15時にあみだくじで決定され、海音美優さん、架凛さん、道夢~ドーム~の二人、万宮えりかさんの順となった。17時に開場され、続々とお客さんが入場してきた。本日、総合司会のyukaさんから開会宣言で、熱い戦いがスタートした。

完全復活の瞬間やで 海音美優

しばらく活動休止中だった海音美優さんが4か月ぶりに帰ってきた。ファンは待ち遠しかったに違いない。海音美優さんのステージが始まる。4か月ぶりとは思えない堂々とした歌声に、早くも会場の熱い声援が…、「やっちゃいました、まさかのトップバッターを引き当てちゃいました。まあ、緊張したよ。」と言いつつも、緊張などなんのその、カバー2曲、オリジナル2曲を無事に歌い終えた。

目は小さいけど力強く歌います 架凛

「初心に戻って初めてのライブのときのようにツインテールにしました。今日は、ロック、ビジュアル系を歌って暴れます!」サングラスをかけているので、目元が見えないが、相当緊張しているようである。それでも大好きだというAcid Black Cherryの曲を歌い終わるころには、かなり緊張もほぐれたようである。後半はサングラスも外し、徐々に余裕の表情も…。

熱く!楽しく!全力で!! 道夢~ドーム~

今回の出場者の中で唯一の準所属でBright Soundでの活動が短い道夢~ドーム~は、正直、不利だろうと思っていたが、いざステージが始まってみると、声援が凄いのである。恐らく4組の中で声援の凄さでは一番だったように思う。実はこの時点で、もしかしたら、優勝は道夢~ドーム~なのでは?と思ったほどである。さらに今日は女性メンバーカイサさんの誕生日、「全員を笑顔にして終わりたい」と完成ほやほやの曲『光』を歌い切った。

勝ちトリます優勝(リリース)への切符を 万宮えりか

4人の中で最も先輩である万宮えりかさん、優勝してリリースを掴みたいというプレッシャーは相当なものだったと思う。「勝ちたい」というより「勝たなければならない」という気持ちが随所に現れていた。それでも前の3組のアーティストへの凄い声援を聞いて、「もしかしたらダメかも」と思ったそうだ。今日のサバイバルに向けて、初めてのオリジナル曲「Sugar Trip」も間に合わせた。テーマパークっぽいラブソングで自分の想いを詰め込んだ詩なのだそうだ。ウサギの耳をつけて、思いっきりダンスをしているのが印象的だった。

結果発表はツイキャスで

結果発表の前に、大会実行委員長のU-toさんより、コメントがあった。
今日のイベントが決定して2か月間、全員がもの凄く成長したなと感じています。正直、2か月くらいまでは、4組ともここまで盛り上げられるアーティストでは無かったんですよ。それが今日は、お客さんが精一杯の声援で盛り上げてくれた。Bright SoundはLink、Aim、Team MLKと3つのプロジェクトで活動しているけど、ここまで盛り上がるイベントができてうれしいです。4組とも大変頑張ったし、努力したし、成長した結果が今日のステージに繋がったのだと思います。
そして19時40分、ツイキャスにて結果発表、優勝は、僅差で…、万宮えりかさんに決定した。4組とも接戦で、ほぼ差は無かったそうである。万宮えりかさん、本当におめでとうございます。

最後にカイサさんのバースデイセレモニー

いくらサバイバルイベントであっても、これだけは欠かせないバースデイセレモニー。道夢のカイサさんは、この日がリアルバースデイで19歳になったのだそうだ。なんと大好きだというかぼちゃで形づけられたケーキ、恒例の色紙などをお祝いに手渡され、大喜びの笑顔が印象的であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする