HOME>イチオシ情報>準備方法と人気の理由を理解してから選ぼう
男性

まずは相談からスタートする

会社は、後継者がいない場合や業績が悪化した場合にはM&Aを行うことにより問題を回避することができます。特に後継者がいない場合にはそのまま会社をたたむしか方法がありませんが、それではもったいないためM&Aをすることになります。ただ、M&Aといっても相手の会社を見つけるのはそれほど容易ではありません。そのため、仲介業者を利用して見つけることになるのが基本です。仲介業者を利用する場合の申し込み方法ですが、まず相談からスタートするのが基本です。相談をしてみて、本当に合併などが可能になるかを聞いてみましょう。この時の費用の相場ですが無料になることが多くなります。仲介手数料は契約をした後に支払うことになるでしょう。多くの場合、契約をして相手の会社との合併が決まった場合に支払うことになります。仲介手数料の中には、成功報酬や着手金などが含まれていることが多いです。

なぜ人気があるのか

M&Aを行う場合に、仲介業者を利用する事は非常に人気があります。なぜ人気があるかといえば、結果が出やすいからと言えるでしょう。自分たちで本格的に仲介業者を利用せずに相手の会社を見つけるとすればかなり困難を極めるでしょう。そもそも、自分の会社と合併してもよいという会社を見つける確率はかなり低いです。相手の会社がM&Aを希望しているところばかりならば問題ありませんが、実際にそれを希望している経営者はそれほど多くありません。ただ、M&Aを希望している人はいるところにはいるというのが現状になります。ではどのようなところに集まるかといえば、仲介業者に集まる傾向があります。この時仲介手数料を支払うことになりますが、相場としては成功報酬などを含めると100万円を超えることが多いです。

広告募集中